読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アイドルマスターsideM ピエールくんとの出会いについて その2

 

 

アプリをインストールしてしばらくしても、システムには未だ慣れなかった。アプリゲームは今ではわりとたくさんのものに手を出してはいるが、その頃はボーイフレンド(仮)一筋で他のアプリゲームのシステムなど触れる機会もなかった。勿論、周りにアイドルマスターに詳しい友人もおらず、システム理解は孤独な戦いだった。

 

メモを開いて分かったことはピエールくんは想像以上に出生が複雑だった。というか、Beitの3人とも肩書きにある「元バイト店員!」的なことより書く事あるだろ!と突っ込みたくなるレベルの背景だった。Beitが王子のような衣装なのも頷けた。

 

  イベントにもゆるく参加をしながら、トレードのシステムに感動していたりもした。交流さえ出来ていれば、上手に自分の欲しいカードを手に入れられるゲームも珍しい。

少し経つと、少ないながらのバーやゼリーでピエールくんや柏木翼くんのカードと交換してもらったりもした。(柏木翼くんについてはまた書きます)

 

またそれから日は立って、サイバネティックスなんとかというBeitがメインぽいイベントが始まった。上位は鷹城恭二さん。目が緑で普段のやる気のなさはどこへやら、ギラギラして宇宙人のような衣装に身を包んだ彼は普段のカードでは見れないまさにお仕事モードで、彼のプロデューサーが手に入れたい気持ちがとても分かる良いカードだった。

 

ピエールくんはガチャ。これまた白地の不思議な衣装に身を包み、無表情ながらもどこか悲しそうな彼の顔はこのイベントならではの特別感で満ちていた。欲しい。すごく欲しい。

 

すぐ課金をした。

 

そこで驚いたこと、sideMのガチャはなかなか厳しい。金額は伏せるがRでさえもまぁまぁな額が必要になる。もしかしたらわたしのこの欲にまみれた瞳に危機を感じたみのりさんがピエールくんを隠していたのかもしれない。きっと出る時は出るのだと思うが、この時のことを思い出すと今でも頭が痛くなる。

 

そんなこんなでイベントも終了。初課金だったのでこのイベントは記憶に鮮烈だったがあとそれからはあんまり覚えていない。1stステージとどっちか早かったか忘れてしまった。それもBOXの底にいてなんとかゲットした。

 

そこから最近だとメロンフェスや2ndなんちゃら、チェックメイトなんとかでBeitのお仕事があったが、それぞれランキング報酬、ポイント報酬、ガチャだった気がするので無事確保出来た(ガチャのみトレード)。改めてお金と時間の使い方が上手い人が上位に上がるんだろうなと実感する。

 

 

こうしてデスクにピエールくんが増えて、ログインするのが毎日たのしい。ピエールくんは周りに優しくされているし、ピエールくんもまた周りに優しい。いつも純粋で、自分の言葉で話す。まだまだカタコトだけど、それでも充分言いたいことは伝わってくる。

 

ボイスメモで開けるボイスに恭二くんとみのりさんのいいところを教えてくれたあと、「ボク、二人とも、だ〜いすき♪」というセリフがある。国や歳が違っても優しくしたくなる魅力を持っている彼は、優しくしてくれる人にきちんと気持ちを伝えられるいい子だ。こんな子を好きにならないはずがない。

 

 ということで、長くなったしまったがピエールくんとの出会い、sideMアプリとの関わり、ピエールくんに対する気持ちまで書かせてもらった。もっと上手く表現できればよかったが、そんなことでピエールくんの魅力は薄れたりしない。

 

 

是非、アプリをインストールして彼の声を聞いて欲しい。もしくはとりあえずスマイルエンゲージを視聴して欲しい。ドライブアライブでもいい。この曲はどのユニットのCDにも最後の曲として収録されており、色んなユニットのカバーとしてたくさんのパターンが聴ける。「315!(最高!)」の掛け声がシュッとして短いグループや、かわいいコーラスのような「ウォーオッオー」が聴けたりする。自分の好きなドライブアライブを見つけてほしい。どれもオリジナルで、どれも唯一の輝きを放っている。何度聴いても飽きない名曲であり、sideMの表題曲だと言える。

 

最後になってしまったが、次のアプリ内のイベントはBeitともふもふえん。アイドルマスターファンには馴染みのあるハンバーガーショップ衣装らしい。新規の自分からすれば目新しさでいっぱいだ。次はどんなピエールくんが見れるのか今からとても楽しみである。